尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

薩摩・島津家の歴史

トップページへ


トップページ > 薩摩・島津家の歴史

1000
120013001400150016001700180019002000
平安時代鎌倉時代室町時代安土桃山時代江戸時代近現代

肝付氏

(きもつきし)


肝付家墓地
肝付良兼の墓
高山城
波見港
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 古代大宰府の役人の末裔である一族。南北朝期には南朝方として島津氏らと南九州で合戦を繰り広げた。高山城(現肝付町)を本拠地として大隅半島に勢力を広げ、海外貿易に携わったりしている。肝付兼興の娘を島津貴久の妻とし、子兼続は相州家島津忠良の娘御南を妻とするも、やがて島津家と対立した。兼続の子良兼も伊東氏と手を組んで島津氏と対立したが、元亀2(1571)年病没した。弟兼亮(かねすけ)が家督を継承し島津氏へ対抗し続けたが、母御南から日向へと追放された。天正2(1574)年に肝付氏は降伏、以後島津氏の家臣となる。分家は本家よりも早く服従し、江戸時代には薩摩国喜入(現鹿児島市喜入町)を領有した。