尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

薩摩・島津家の歴史

トップページへ


トップページ > 薩摩・島津家の歴史

1000
120013001400150016001700180019002000
平安時代鎌倉時代室町時代安土桃山時代江戸時代近現代

岩屋城攻め

(いわやじょうぜめ)


写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 豊臣軍の到着前に九州を掌握しておこうとした島津氏は、九州北部へ進撃、大友氏の武将高橋紹運(じょううん)とその子立花統虎(宗茂)勢力下にある筑前国(現、福岡)南部を攻めた。豊臣氏・毛利氏の援軍到着を信じた紹運らは島津氏の降伏勧告を拒否した。島津軍は鉄砲を撃ち込み威嚇するも相手は動じなかったため、紹運の岩屋城(現福岡県太宰府市)に総攻撃を仕掛けた。紹運以下城兵を全滅させたが、島津軍側も大勢の死者・負傷者を出した。
 その後、統虎の立花城(現福岡県新宮町等)に攻め掛かるも、長期戦をおそれた島津軍は撤退し、島津氏に服属した九州北部の国人らに包囲をゆだねる。統虎は撤退する島津軍を追撃し、戦果を挙げた。この戦いにより豊後攻めは遅くなり、島津氏は九州を完全に支配しきれない状況のまま豊臣軍を迎え撃つことになる。