尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

薩摩・島津家の歴史

トップページへ


トップページ > 薩摩・島津家の歴史

1000
120013001400150016001700180019002000
平安時代鎌倉時代室町時代安土桃山時代江戸時代近現代

大友 義鎮

(おおともよししげ)享禄3(1530)年~天正15(1587)年


銅像
デウス堂
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 「大友宗麟(そうりん)」の名で知られるキリシタン大名。ドン・フランシスコの洗礼名を持ち、ランシスコ・ザビエルと豊後国(現、大分)で面会している。天文19(1550)年に父義鑑(よしあき)が二楷崩れの変で没したため、家督を相続する。翌年、周防国(現、山口)の大内義隆が暗殺され、大内氏の家督は義鎮の弟晴英(はるひで)が継いだ。九州北部に勢力を拡大し、六ヶ国の守護となる。永禄2(1559)年には大内氏を滅ぼした毛利元就が九州に侵出、大友氏配下の国人が離反するようになる。だが、毛利氏は織田信長と合戦を開始したことから九州から手を引き、大内氏は九州北部を支配下に治めた。
 しかし、天正6(1578)年、北上してきた島津軍と日向国高城で戦い惨敗する(耳川の戦い)。これ以降、相次いで国人や大友氏一族が反乱する。天正14(1586)年には島津軍が日向・肥後から本拠地の豊後国に進出したため、豊臣秀吉の助けを乞う。豊後のほぼ全てが島津氏の手中に収められた天正15(1587)年、秀吉軍が次々と九州に上陸する中、病死した。