尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

薩摩・島津家の歴史

トップページへ


トップページ > 薩摩・島津家の歴史

1000
120013001400150016001700180019002000
平安時代鎌倉時代室町時代安土桃山時代江戸時代近現代

溶鉱炉

(ようこうろ)


『薩州見取絵図』より高炉図
発掘された熔鉱炉跡
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 溶(熔)鉱炉は、鉄鉱石・砂鉄を高温で溶かして鉄を生産するための炉。薩摩藩主島津斉彬は、嘉永5(1852)年、反射炉の建設に着手すると、この反射炉に銑鉄(せんてつ)を供給するために熔鉱炉の建設も命じた。反射炉建設で先行していた佐賀藩は、タタラ製鉄で生産した和鉄が利用出来ると考え熔鉱炉は建設しなかったが、斉彬は和鉄が大砲鋳造に不向きなことを知っており、いち早く熔鉱炉建設に踏み切った。反射炉同様、書籍を参考に建設に着手、安政元(1854)年に完成した。溶鉱炉跡は、現在鶴嶺神社境内と推定されている。