尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

薩摩・島津家の歴史

トップページへ


トップページ > 薩摩・島津家の歴史

1000
120013001400150016001700180019002000
平安時代鎌倉時代室町時代安土桃山時代江戸時代近現代

島津宗信

(しまづ むねのぶ) 享保13(1728)年~寛延2(1749)年

家系図へ


慈徳公遺事
墓:福昌寺
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
略歴

 島津家23代当主。父は宗信、養母は徳川綱吉(つなよし)養女の竹姫。竹姫の子として幕府から松平姓を名乗ることを許される。延享3(1746)年、父の隠居に伴い家督を相続するも、寛延2(1749)年に在任期間わずか3年で鹿児島において逝去。享年22歳。宗信の跡は弟の重年が継いだ。