尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

海洋国家薩摩

トップページへ


トップページ > 海洋国家薩摩

昇平丸模型
小鷹丸銀製模型
『薩藩海軍史』より雲行丸図

海が薩摩にもたらしたもの

 東は太平洋、西は東シナ海、そして南は南西諸島と3方を海に囲まれた地域が南九州である。この地は日本の政治の舞台となった京都・江戸などよりも、大陸までの航路の便がはるかによく、大陸から台湾・沖縄・奄美を経て南九州へと通じる「海の道」が東アジア諸国と南九州とを常に結び続けていた。

古代以来、朝廷・幕府の人々が珍重した唐物(貿易品)の入手地としてクローズアップされていた。中世には倭寇が自由に東シナ海・南西諸島を通交していたが、彼らの拠点地は壱岐・対馬・五島とともに南九州・琉球が挙げられる。倭寇とは中国の私的貿易を禁止した“海禁政策”を破って自由な貿易を行っていた集団であり、国家からの取り締まりに対抗して武装していた。また、構成員は日本人だけでなく中国や朝鮮半島などの人々も多く、国籍を越えた集団であったことが知られている。彼らの活動は南九州を通じて日本に火縄銃やキリスト教をはじめ数々のアジア・ヨーロッパの文物を伝えることとなった。ヨーロッパ人からしても、鹿児島は“cangoxina”として日本の玄関口として認識されていた。

 江戸時代、幕府が「鎖国」体制を敷くが、薩摩藩は琉球王国を属国とし、琉球を通じて独自に貿易を行っていた。南九州には大陸の文化・技術の影響の色濃いものが多く残されているが、これは薩摩では海外との交流が続いていたことを証明するものである。このことから薩摩に「鎖国」はなかったということもできよう。

 海からの脅威を早くから危惧し、対策を講じたのも薩摩藩であった。幕末、斉彬の主導で近代化事業が進められる。その成功の背景の1つとして、漢籍や蘭学書から入手したヨーロッパの知識に在来技術を織り交ぜた点が挙げられるが、藩の在来技術の多くは大陸からの技術が色濃いものであった。薩摩藩は西欧列強と時に対立し、時に友好をはかることを通じて、日本が海外と対等に交流するためには従来の封建体制から新たな国家に生まれ変わることが重要であると考えた。こうして海洋国家薩摩は、海から得た知識・技術をもって激動の維新を牽引し、近代日本を形成したのである。