尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

集成館事業とは(世界遺産登録へ)

トップページへ


トップページ > 集成館事業とは(世界遺産登録へ)

  • 橋野高炉(岩手県釜石市)
  • 恵美須ヶ鼻造船所跡(山口県萩市)
  • 萩城下町(山口県萩市)
  • 三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設(福岡県大牟田市)
  • 三重津海軍所施設(佐賀県佐賀市)
  • 端島炭坑(長崎県長崎市)
  • 旧グラバー邸(長崎県長崎市)
  • 寺山炭焼き窯(鹿児島県鹿児島市)
  • 旧鹿児島紡績所技師館[異人館](鹿児島県鹿児島市)
  • 集成館跡-反射炉(鹿児島県鹿児島市)

炭焼き窯

(すみやきがま)


寺山炭焼き窯
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 集成館事業で必要な燃料を作成するため、炭焼き窯が藩内各地に作られた。反射炉・溶鉱炉・蒸気機関・硝子製造など近代化技術の多大なエネルギーは西欧において石炭が利用されていた。しかし、藩内には良質な石炭鉱脈が存在しなかったため、木炭を代わりに使用することとなった。日向国にある藩直轄の森林を利用して木炭を製造し、紀伊国(現、和歌山県)の木炭製造技術を習得することで、藩内使用のみならず大坂・江戸へも輸出するほど大量生産することができた。のちに鹿児島の寺山にも炭焼窯が作られ生産量増大が図られた。
 平成24(2012)年に「旧集成館 附寺山炭窯跡 関吉疎水溝」として国指定史跡となった。