尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

集成館事業とは(世界遺産登録へ)

トップページへ


トップページ > 集成館事業とは(世界遺産登録へ)

  • 橋野高炉(岩手県釜石市)
  • 恵美須ヶ鼻造船所跡(山口県萩市)
  • 萩城下町(山口県萩市)
  • 三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱宮原坑施設(福岡県大牟田市)
  • 三重津海軍所施設(佐賀県佐賀市)
  • 端島炭坑(長崎県長崎市)
  • 旧グラバー邸(長崎県長崎市)
  • 寺山炭焼き窯(鹿児島県鹿児島市)
  • 旧鹿児島紡績所技師館[異人館](鹿児島県鹿児島市)
  • 集成館跡-反射炉(鹿児島県鹿児島市)

疎水溝

(そすいこう)


疎水溝
写真をクリックすると拡大ページが表示されます。
解説

 鹿児島市北部の関吉の疎水溝は、集成館事業において溶鉱炉の水車ふいごなどで必要な動力を磯地区に引き入れるためのものである。本来は享保7(1722)年ごろに仙巌園に水を引き込むために造られたものを、斉彬が改修して再利用したといわれる。鹿児島市川上町にて稲荷川から溶結凝灰岩の上に水路を引き、磯まで約8㎞続いている。その緩やかな傾斜角度は当時の高度な技術を証明するものである。平成15(2003)年に鹿児島市の史跡に指定され、平成24(2012)年には「旧集成館 附寺山炭窯跡 関吉疎水溝」として国指定史跡となった。現在も一部は水田の灌漑用水として利用されている。