尚古集成館-今なお残る近代国家への息吹-

尚古集成館について

トップページへ


トップページ > 尚古集成館について > 別館企画展示案内

別館企画展示案内2011年度の企画展はこちら

島津家伝来 人形とひな道具展

2012年2月4日(土)〜4月26日(木)

島津家に伝わるひな人形や御所人形、ひな道具を一堂に展示します。
ひな道具は、5代将軍徳川綱吉の養女竹姫が持参したと伝わるもので、99種407点に及びます。
〈主な展示品〉
葵牡丹紋七宝繋蒔絵雛道具、御所人形など

(c)尚古集成館

戦国大名島津氏展

2012年4月28日(土)〜7月19日(木)

16世紀初頭、島津氏は滅亡寸前に追い込まれました。そうした中、島津忠良・貴久が活躍して勢力を挽回、貴久の子義久・義弘らは九州の大半を支配するまでに成長しました。しかし、豊臣秀吉と戦って敗れ、南九州に押し戻されました。この激動の時代を追った展示です。
<主な展示品>
日新公いろは歌、兵道関係資料、井尻神力坊肖像、紺糸威腹巻(伝豊久所用)

(c)尚古集成館

港湾都市鹿児島と島津氏 ~海を見ていた殿様たち~

2012年7月21日(土)〜10月11日(木)

島津氏は南北朝期以降、薩摩・大隅の国境に位置し、海上交易の要衝として栄えた鹿児島に居城を構えました。「鎖国」体制の江戸時代には琉球王国と交易する城下町として栄え、独自の文化・技術が栄えます。港湾都市鹿児島の発展を紹介する展示です。

(c)尚古集成館

島津斉彬と集成館事業展

2012年11月26日(土)〜2013年1月31日(木)

嘉永5(1852)年、28代島津斉彬は磯で反射炉建造を開始、同地は後に日本初の近代工業地帯「集成館」となりました。
斉彬が集成館を中心に推し進めた近代化事業について焦点をあてた展示です。
<主な展示品>
斉彬着用の裃、薩摩切子、鷹図屏風(斉彬筆)など

(c)尚古集成館

別館企画展示のご案内

尚古集成館講座

尚古集成館・講座のご案内

島津家関連の資料について

島津家の史料に関するリンク
島津家・尚古集成館に関する出版物